小学生息子の思いやり

我が家の小学生の息子が、帰宅するとすぐ「今日は学校の給食がおいしかった」とうれしそうに報告してくれました。
どんなメニューが出たのかな、と学校からもらっていた献立表を見てみるとなんと冷やし中華の日ではありませんか。
私も息子も冷やし中華が大好きで、夏休みはそうめん、カレーの次に登場回数の多いメニューなのです。
いいなあいいなあお母さんも食べたかったなあ…とつぶやいていると、息子がそばに寄って来ました。
着ていたTシャツのお腹のあたりをつまみ、「ちょっとこのへん、冷やし中華こぼしたから匂いかいでみなよ」と私にすすめます。
恐る恐る匂いをかいでみたら…冷やし中華の匂いがしました。
息子の精一杯の思いやりを見た気がした出来事でした。